甘いのにウマイ



僕は甘いものは苦手だ。
子供の頃は甘いものなら何でも好きで、いつも甘さに飢えていたことを
思い出すけれど、いつの頃からその当たりが変化したのか覚えていない。
多分、酒を旨いと感じた頃からなのかな?
ところが、先日親戚が送ってくれた和菓子がとても美味しかった。
どう美味しかったかは僕の筆力では書けないけれど、
その菓子は甘さの程が絶妙なのだ。
ひとつ食べた後、もうひとつ食べたくなる。
これはとても大切なことだと思う。

e0163257_22275729.jpg
[PR]

by suijin-cph | 2011-02-26 22:29 | 雑記  

<< 2週間に一度の散髪 身近な歌 >>