夜が更けて

深夜、仕事が一段落した後、台所で立ち呑みするのが好きだ。
長時間椅子に座っているからだろうか。
氷を入れるといくらでも呑めてしまうからストレートでやる。
すぐ横に冷蔵庫があるから、ツマミは適当に何かある。
CDは懐かしい揚水。
外は静かだ。遠くで猫が鳴いた。
e0163257_535339.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-09-12 05:36 | 酒について  

猫は可愛い


猫は可愛い。
その姿、かたち、大きさが丁度良いと思う。
猫の目はこちらの心の奥まで見通しているようでもあり、
何も見ていないようでもある。
猫に見つめられると、いつも少しだけ心が乱れるような気がする。
何故か?解りそうだけれど、よく解らない。
本当に猫のような人がいたら、多分僕は怖がって近づかないと思う。
猫は猫であるから可愛い。


2011年7月21日(娘の誕生日に)


e0163257_5541576.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-07-22 05:57 | 雑記  

2週間に一度の散髪

僕は30年以上自分の髪の毛を自分でカットしている。
e0163257_0342162.jpg



























ヘアスタイルはクルーカットと職人刈りのミックスしたようなもので、
とにかく短い。
壁の鏡と手鏡を使って一時間程かけて切る。
そして、2週間が限度で、耳に少しでも髪の毛が掛かるようになると、
気になって仕方なくなってしまう。
二枚の鏡の中の手の動きは変になるので、今は慣れたけれど、
はじめの内は何度も失敗した。
家に来る客にそんな事を話すと「本当ですか?信じられない。」等と
褒められる事が良く有るので、少々自慢話のようになってしまったが、
書いてしまった。
e0163257_0455026.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-03-11 00:48 | 日々のこと  

甘いのにウマイ



僕は甘いものは苦手だ。
子供の頃は甘いものなら何でも好きで、いつも甘さに飢えていたことを
思い出すけれど、いつの頃からその当たりが変化したのか覚えていない。
多分、酒を旨いと感じた頃からなのかな?
ところが、先日親戚が送ってくれた和菓子がとても美味しかった。
どう美味しかったかは僕の筆力では書けないけれど、
その菓子は甘さの程が絶妙なのだ。
ひとつ食べた後、もうひとつ食べたくなる。
これはとても大切なことだと思う。

e0163257_22275729.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-02-26 22:29 | 雑記  

身近な歌

僕は20才の時デンマークにきたので、その後の日本の流行歌など、
良く知らない。当時は僕と似たような日本人がまわりにかなりいて
時々集まると、酒を飲みながら大声で演歌を唄っていた。
古いところでは民謡や軍歌を唄う人もいて、更にその先に童謡を
唄う人もいた。
そうした当時の状況の中、日本の友人が送ってくれたカセットテープの
かぐや姫、井上陽水、吉田拓郎、アリス等にはびっくりした記憶がある。
僕は芸術的音楽の対象として常に有るのが、民謡、労働歌のようなジャンルの
音楽ではないかと思っている。

人の人生、生活と不可分な音楽とは。
例をあげろと言われたら、「ヨイトマケのうた」だろうか、
それとも「I Love You」か、どちらもとても優しくて哀しい。


e0163257_135763.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-02-13 01:40 | 雑記  

醤油ハンバーガー

最近、旨いと思ったハンバーガーのレシピ。
パンを軽くトーストする。
牛ひき肉を形にして両面塩コショウ。
玉ねぎのスライスを用意する。
フライパンにたっぷりのバターを熱し、玉ねぎを炒める。
少し時間を置いて肉の両面を焼いて、玉ねぎが充分炒まったところに、
醤油をジューッというようにかけ、上下に切り分けたパンの
下の方に肉玉ねぎの順に乗せ、上のパンをかぶせる。

これは本当に旨い。
醤油の偉さに改めて感心してしまう。

e0163257_2054998.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-02-11 20:09 | 料理  

小さなキャンバス

テーブルナプキンについ何かを描いてしまう癖がついた。
柔らかい紙質が気楽に描ける事を誘導するのか?
仕事上、気になっていること、
今日、感じて覚えていたいこと、
明日の計画等々、様々なことをその時すぐに記録する。
とにかく、食卓の上にいつでもある小さなキャンバスだ。

e0163257_21304546.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-02-05 21:31 | 雑記  

懐かしい人、そして酒…

一杯やりながら思い出しています。
Copen.のBarにいた貴方。
神戸の立ち飲み屋にいた貴方。
どんなシーンの中でも、そこに酒があれば昔からいた人のように
自然にピタリとおさまっていた。
僕はそれに感心しながら、
いつか自分もそんな酒飲みになりたいと思っていました。
そして、60を超えた今、歳なりに少しだけ貴方に近づけた気がしています。

e0163257_18171675.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-02-02 01:57 | 酒について  

僕のカメラ

去年日本に帰った時、新しいデジタルカメラを買った。
デザインを一目で気に入って、性能などはよく調べずに買ってしまった。
使ってみると大変高性能で驚いた。
照明が少しあればフラッシュ無しできれいに撮れるし、
手ブレはほとんどしない。
他にも僕には使いこなせないくらいの機能が沢山有る。
もう少したつと春の草花が芽を出してくる。これらを撮りたい。
猫のカナちゃんを撮りたい。
撮りたいものをあれこれ考えながら、この美しいデザインのデジカメを
手に取って満足している。


e0163257_19344119.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-01-26 19:39 | 雑記  


大晦日に尾崎豊を聞いて泪しながら新年を迎えた。
この頃は歳のせいか泪もろくなった。
特に酒が入っていると演歌の伴奏で泣けてくる。
犬や猫が映像に出て来ただけで変になってくる。
ユーチューブでウィスキーのCMを見たりするとたまらなくなる。
そして、15秒で大の男を泣かせてしまう宣伝技術に感心してしまうのだ。


e0163257_4154999.jpg
[PR]

# by suijin-cph | 2011-01-19 04:18 | 酒について