カテゴリ:日々のこと( 12 )

 

2週間に一度の散髪

僕は30年以上自分の髪の毛を自分でカットしている。
e0163257_0342162.jpg



























ヘアスタイルはクルーカットと職人刈りのミックスしたようなもので、
とにかく短い。
壁の鏡と手鏡を使って一時間程かけて切る。
そして、2週間が限度で、耳に少しでも髪の毛が掛かるようになると、
気になって仕方なくなってしまう。
二枚の鏡の中の手の動きは変になるので、今は慣れたけれど、
はじめの内は何度も失敗した。
家に来る客にそんな事を話すと「本当ですか?信じられない。」等と
褒められる事が良く有るので、少々自慢話のようになってしまったが、
書いてしまった。
e0163257_0455026.jpg
[PR]

by suijin-cph | 2011-03-11 00:48 | 日々のこと  

たまごかけご飯


e0163257_19383272.jpg



























朝起きてまだ頭がグズグズしている時、今日は何を食べようか?などと
考えるようになった。これは僕自身の老化と関係のある事なのだろうが、
とにかく若い時にはなかった事である。
何を食べようか?と言っても外国生活の身では大してバリエーションは無い。
本当の事を言うと、僕は毎朝たまごかけご飯でいいのだ。
けれど、こちらの卵には何とかという菌が付着している事が多いそうで、
危なくて生のままでは食べられない。
だから、日本に帰った時に食べだめをすることにしている。
新鮮な卵に醤油をたらして、あったかいご飯にかけて食べる美味しさは
おかずとして最も単純にして不思議な旨さである。
誰だかは忘れてしまったが、最高級のものを食べ、
今まで日頃食べていたものは何だったのだろう?という程美味しかった、と
書いてあったのを読み、果たしてそれは彼にとって幸せなのか?不幸せなのか?
考えてしまった。
生きている間に最高と思える味と縁があった事は多分幸せに違いないと思うけれど、
もう一方で、下等なものを食してうっとりする程旨いと思える人生はどうなのか?
僕は今、たまごかけご飯、大根おろし、冷や奴、竹輪の天ぷらなんかが大好きです。
[PR]

by suijin-cph | 2010-12-24 19:45 | 日々のこと  

スノーボール

e0163257_17414591.jpg














玄関ドアのチャイムが鳴った。
この時間のチャイムは時々子供のイタズラである。
「コラーッ!」と、おどかしてやるつもりでドアを開けると、
思った通り誰もいない。
ふと下を見ると、小さな雪の玉が置いてあった。
メリークリスマスというメッセージなのか。
クリスマス前の雪の日の心がフワ〜ッとする小さな出来事だった。

e0163257_17544864.jpg
[PR]

by suijin-cph | 2010-12-17 17:55 | 日々のこと  

僕の通勤風景

e0163257_233943100.jpg
















週に二日程仕事場(O&M DESIGN)に行く。
家を出てから片道45分のバス通勤が僕の観察の時間だ。
バスの窓からは季節の変化、人々の様子、新しいお店、工事中の道路や
建物等が次々と目に入って来る。
ジャガーのニューモデルはベントレーに似ているとか、
双児用乳母車のデザインが良くなったとか、
平気でタバコを道に捨てる人の表情は男も女も良く似ているとか、
色々考えている内にO&M DESIGNに着く。

原寸図面を描く必要がある時以外は、相棒のErikと簡単な打ち合わせや
雑談をビールを飲みながらして3時頃には終了。
帰りも行きと同様、バスの中から視覚的刺激を受けながら家に帰る。

e0163257_062397.jpg















バスの窓から見たニューハウンの風景。
[PR]

by suijin-cph | 2009-10-10 00:11 | 日々のこと  

トンボが来た日

e0163257_2025281.jpg















昼寝をしていたらトンボが来た。この国ではめったに見かけない生き物だ。
羽に触れてみたが逃げない。撮影したあともピンクの豆の花にとまっている。
大きな眼だけ動かして何を考えているのか、何も考えていないのか。トンボは
ひとに何か考えさせる生き物だ。
[PR]

by suijin-cph | 2009-07-08 21:12 | 日々のこと  

酔人放談

家の外から子供達の声がする。 
ブラインドの隙間からのぞいて見ると小さな子供が
十人程 横一列に並んで玄関のドアに向かって口々に
何か叫んでいた。 耳を澄ませて聞いてみるとなぜか
関西風な言葉ずかいで「オジチャンちょと出てきてんか。」「僕ら
オジチャン好きやねん。」「僕もうのどカラカラや。」等などと
言っていた。 僕は出て行くにしても子供達にあげるものもなく
コズカイをやるにも持ち合わせがなく ドアの内側でマゴマゴしていた。
以上が一月二日に見た今年の初夢である。
年末年始は世界中が大騒ぎの内に過ぎて 何をどうすれば良いのか先の
見えない状態だ。 あまり騒がなくても良い人々までが右往左往して
落ち付かず、いつものことながらメディアにはその筋の権威専門家らが
「私は予見していた。」等と偉そうにコメントしてどうすれば良いかは
ハッキリと言わない。 僕はこの世界恐慌が数年先に現実問題となるより
去年今年で良かったと思っている。病気にたとえると早期発見とは言え
ないが手遅れとは思えない。 欲張らず正直に生きている人、及び生きよう
としている人にとって 今の状況は自身の生き方にあらためて自信を
持てるチャンスではないだろうか。
[PR]

by suijin-cph | 2009-01-14 23:03 | 日々のこと  

酔人放談

 昔、映画が好きで良く見に行った。学校の近くの安い
映画館で特に洋画を見ていた思い出が有る。地方出身の僕に
とって東京ですら別世界であったのだけれど、それ以上に
外国の人々の物語りは夢のような世界だった。当時 外国に行きたい
と思った動機の中心には映画に影響されたことが多分にあった。
 そして こちらに来てから三十何年、外国生活をしてきて
思うことは人間の根源的なところには人種に関係なく多くの
共通点があり極端な違いは無い。普遍性を共有しているという
ことである。 昔見た映画の世界はその時点で自分のまわりにも
形を変えて存在していたものであり、僕が目を見張って憧れていた
ことは 実は文明の表層ばかりであったような気がする。
 僕は日本から来る若者たちに「日本と外国の共通するところを
自分なりに見つけてみるとおもしろいぜ。」と提案している。なぜなら
それは違いをみつけることより ずっと難しくそれをみつけた時
得るものがたくさんあるように思うからである。
[PR]

by suijin-cph | 2008-12-24 19:39 | 日々のこと  

酔人放談

僕はCGを使ってプレゼンすることができない。今だに
マーカーと色鉛筆でパースを描いている。使う人が少なく
なったからか昔から気に入っているスタビロという色鉛筆の
入手が思うようにできなくなった。 昨年、日本に帰国した際
まとめて買っておこうと考えて銀座の伊東屋に行った。
白と黒は特に使うので20本ずつ買おうと思っていたが あいにく
10本ずつ程しか売り場に置いてなかった。店員に訳を話して
在庫を調べてもらったがなかった。「しかたないな。」と思って
いると店員がすまなそうに「少々お待ちいただけますか。」と
言って僕がうなずくと やおら12色セットや24色せっとの
パッケージのセロハンを破りはじめ中の白と黒を取り出して20本
ずつに取りそろえてくれた。僕はとても嬉しくなりお礼を言うと
「お待たせして申し訳ありませんでした。」とおじぎをした。
やはり老舗だなと言ってしまえばそれまでだが 臨機応変に独りで
判断し客と対応してくれた店員の青年に商人の矜持を感じた。
今でも白と黒の色鉛筆を使う時あの日のことを思いだしている。
[PR]

by suijin-cph | 2008-12-11 21:10 | 日々のこと  

酔人放談

家の庭先にノラネコがくる。丸々と太った三毛猫だ。
カナちゃんと名前をつけてエサとミルクをあげている。
去年の夏 知り合ったころは毎日のように来ていたけれど
この頃は週に一度来るか来ないかとなってしまいさびしい。
きっと他の家で我が家であげるキャットフードより上等な食事に
ありついているのだろう。 僕はどちらかと言うと犬好きだった
のでネコがこれほど可愛らしいとは思いもよらなかった。
食べて飲んでおなかがイッパイになると大きく伸びをしてこちらには
イチベツもせず どこかえ行ってしまうけれどそんなところまで
ノラネコの自由な逞しさを感じてしまう。 僕はいつも「ネコさらいに
つかまるなよ、自動車に気をつけてね。」と心の中で言いながら
カナちゃんの後ろ姿をみおくっている。

e0163257_1425991.jpg
[PR]

by suijin-cph | 2008-12-10 02:31 | 日々のこと  

酔人放談

ブログを始めて気がついたこと。
僕は文章を書くことに向いていない。
話せば10秒位のことを書くとなると何分もかかってしまう。
人さし指でキイをチョンチョン押している速度が遅い。
小さなツとかヨはなるべく入れたくないのに入れないと
文章にならない。 早く先を書きたいのに画面の文字はポチ、ポチ
じれったいったらありゃしない。 やめちまおうか。 しかしこれは
文章を書く練習と同時に我慢することの訓練だと思って続けようか。
始める時 気軽に独り言みたいな事を書けば良いから等と言われた
けれど こんなのろっちい独り言なんてあるもんか。でも書きたい事は
たくさんあります。たとえばまだ一度も書いていない酒のこと、デザイン
のこと、前に書いたバカ野郎の経営する横浜のデザイン会社の続き、今
一番食べたいもの、などなど。
考えた結果 これから三月ころまで暗く寒い日が続き庭仕事もできないし
時間だけはたっぷりあるので続けます。
[PR]

by suijin-cph | 2008-12-05 00:27 | 日々のこと